産業医の求人サイトランキング【※希少な産業医求人を見つけよう】

産業医求人TOP >> 産業医の基礎知識 >> 認定医・専門医

認定医・専門医

産業医になるということ自体、産業医に関する研修などを受けていくことが必要になり、ただ、医師の免許を持っていればそれで良いというわけではありません(例外というのもあるため、産業医を目指していく場合にはよく確認をしておく必要はあります) このような産業医に関してですが、専門医制度というのもあり、これは日本産業衛生学会によって認定されるものになっています。受験資格に関してですが、しっかりと受験資格を得ておかないと、受験をすることすらできないことになります。細かく決められているため専門医を目指していく場合にはしっかりと調べておく必要があります。

また産業医としては認定医というのもあります。 この認定医に関しては日本医師会によって認定されることになる資格になると言えます。 専門医も、認定医のどちらもしっかりとした研修などを受けておき、資格を得ておくのに相応しい医師としての能力を身につけておく必要があります。それができないと専門医、認定医として認められることはなくなります。

専門医も認定医のどちらも、認定をする団体のホームページを確認することで、取得をするための条件や研修場所、また資格がどのようなものであるのかを知ることができます。 何も知らないで目指していくということになってしまうと、途中で挫折してしまうことなどもあるでしょう。決して簡単ではなく、時間をかけて、準備をしていく必要があるとも言えます。

認定医、専門医になることができれば、通常の産業医に比べて、優遇される面も多くあると言えます。やはり産業医にプラスして専門的な知識や社会的な地域があるというのは大きなものとなります。 長期的に産業医として仕事をしていきたい場合には、取得をしておいて損はありません。 活躍する期間が大きくなればなるほど、認定医や専門医の資格の存在意義というのは大きくなると言えるでしょう。

産業医も他の診療科と同じように高い専門性が求められます。専門医や認定医を取得しておくことは自分で対処できないような状況を作らないようにするためにも効果的であり、認定医の活躍を支えてくれるものにもなりえると言えます。 ただ、資格だけの存在になってしまう(資格をとって満足してしまい、そこから自己研鑽を怠ってしまうような状況)のだけは避けておきたいものです。そうなってしまうと肩書きだけの存在になってしまうと言えるでしょう。自己研鑽は怠ることは医師として許されないとも言えます。

産業医求人情報なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>産業医求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015 産業医の求人サイトランキング【※希少な産業医求人を見つけよう】 All Rights Reserved.